鍵の手入れで鍵開け時間を短縮

日頃の管理が大事!鍵の手入れは意外に簡単

鍵

鍵開けにかかる時間をなるべく短くしたい場合は、日頃から自分で鍵の手入れをきちんと行なっておく必要があります。

簡単3ステップで鍵のお手入れ

STEP1 歯ブラシで鍵の掃除

鍵の溝や凹凸部分にゴミが溜まると、鍵が入りにくくなったり鍵穴を詰まらせてしまったりする可能性が高くなります。定期的に歯ブラシで鍵に溜まったゴミを取り除いておけば、鍵につまりなどが発生することはありません。

STEP2 鍵に鉛筆の芯を塗る

鉛筆に含まれている黒鉛は潤滑剤としての役割を持っており、鍵に鉛筆の芯を塗りこんでおけば鍵穴に鍵がスムーズに入りやすくなります。また黒鉛は鍵穴に悪影響を与えないため、誰でも安心して活用することが可能です。

STEP3 鍵穴のホコリを掃除

鍵穴に溜まったほこりやゴミを取り除きたい場合は、掃除機を活用するのが最適です。鍵穴に掃除機を押し付けて左右に振れば、内部に溜まったゴミを簡単に取り除くことができます。掃除機が無い場合は、エアダスターを代用しましょう。

このように鍵や鍵穴の手入れは簡単に行なうことができます。きちんと手入れを続けることで鍵トラブルの発生を未然に防ぎましょう。

古い鍵は交換することでトラブル防止が可能

古いタイプの鍵は修理してもらうよりも、新しい鍵へと交換してもらう方が施工費用を安く抑えることができます。

倉庫の鍵は定期点検が必要

倉庫のような場所で利用されているシャッターの鍵が壊れるのは、内部に錆が発生したり悪戯で針金などの異物が鍵穴に入れられてしまうのが原因です。そのため倉庫の鍵は定期点検を実施し、異常が発生していないか確認する必要があります。

倉庫の鍵はギザギザよりマグネット

マグネット式の鍵は一般の鍵と違って鍵穴が存在しないため、長期間利用していても内部に錆が発生することやゴミが詰まることはありません。熟練の技術が必要になるので、修理や交換を行なう際は業者の方に依頼しましょう。

TOPボタン